バニラエア、台北/桃園線を増便しソウル/仁川線の減便を発表 今冬スケジュールと新運賃も明らかに

ce6ae3a2

バニラエアは、10月26日からはじまる冬スケジュールで、東京/成田〜台北/桃園線を増便し、東京/成田〜ソウル/仁川線を減便すると発表しました。

さらに、「シンプルバニラ」運賃をリニューアルし、従来は無料だった20キロの受託手荷物がつかなくなるほか、4名以上で予約する際に全員が10%割引になる「みんなで割」の適用ができなくなる。

また、「コミコミバニラ」は従来と同じく20キロの受託手荷物の預け入れができ、最大で4,500円値下げする。ソウル/仁川線は片道4,000円から、台北/桃園線は同7,000円から、札幌/千歳線は同4,800円から、奄美大島線は同5,500円から、沖縄/那覇線は同5,900円からとなる。

■ダイヤ(10月26日〜12月31日)
JW101 東京/成田(07:40)〜台北/桃園(10:30)
JW103 東京/成田(14:20)〜台北/桃園(17:15)
JW105 東京/成田(21:20)〜台北/桃園(00:15+1)
JW100 台北/桃園(03:30)〜東京/成田(07:25)
JW102 台北/桃園(11:10)〜東京/成田(15:35)
JW104 台北/桃園(17:55)〜東京/成田(22:00)

JW201 東京/成田(08:00)〜ソウル/仁川(10:35)
JW202 ソウル/仁川(11:20)〜東京/成田(13:35)

■関連記事
バニラエア、香港・高雄線への就航計画を発表 9月にもダイヤ発表へ

詳細はこちら