タイムズカープラス、関西国際空港と伊丹空港でサービス開始 乗り捨てサービスも初展開

times

タイムズ24は、関西国際空港と伊丹空港で、8日よりカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の提供を開始すると発表した。また、同時に空港での乗り捨てサービスも国内で初めてサービスを開始する。

タイムズ24は、交通拠点への出店を強化しており、新幹線停車駅の3割に出店しているものの、2011年10月に実施した会員アンケートでは、24%が空港への出店を希望していたものの、現在は空港近くでは福岡空港のみにとどまっていた。

関西国際空港の第1ターミナルビルとエアロプラザビルをつなぐ連絡橋下の駐車場に車両を設置したほか、伊丹空港でも、タイムズ24単独でのサービスを開始する。

加えて、国内では初となる空港での乗り捨てサービスも同時にスタートする。区間は、関西国際空港→大阪国際空港と大阪国際空港→関西国際空港のいずれかで、貸し出しを開始した場所に戻ることなくクルマを返却できるため、効率的なビジネス出張や旅の行動範囲を広げることが可能になるとしている。
なお、乗り捨てサービスの利用はには3,000円(税別)の乗り捨て料金が必要。関西国際空港で乗り捨てる場合には、連絡橋通行料920円が別途必要となる。また、伊丹空港での乗り捨ての場合は、返却はタイムズカーレンタル大阪空港北店となり、希望者の方は空港まで送迎を行うとしている。サービス時間は午前9時〜午後5時。フライト時刻の90分前までの返却が必須となる。