トムソン航空機内でトラブル、酔った乗客が義足で客室乗務員に暴行

ThomsonAirways

チュニジアからエディンバラへ向かっていたトムソン航空の機内で、女性が酒に酔って暴行を行う事件があった。UPIが伝えている。

暴行を受けた女性乗務員によると、女性は酒に酔っており、どういうわけかタバコとパラシュートを要求していた。乗務員が静かにするように伝えると、女性は近くにいた女の子に平手打ちをし、その後女性が装着していた義足を振り回し始めたという。

その後、彼女は義足でない方の足で義足などを蹴り始めるなど不可解な行動をしていたとのこと。女性は緊急着陸したロンドンで警察に引き渡された。

トムソン航空のスポークスマンは、「私たちは、機内でのこうした破壊的行為に関して厳しく取り締まっています。今回の件に関しては、こういった事例は非常に希であると思います。」とコメントを出している。

■関連記事
ライアンエア、機内で酔った乗客がトイレと勘違いし飛行機のドアを開けようとするトラブル
タイ国際航空、機内で乗客が瓶で他の乗客を強打するトラブル オーストラリア便でトラブル相次ぐ

詳細はこちら