「ラブホよりシティホテルの男性がポイント高い」 3人に1人は満室で気まずく、予算は1.5万円以下が8割に

main

エクスペディアジャパンは、異性とのホテル宿泊に関する意識調査を、20代~30代のラブホテルに行ったことのある独身男女600名を対象に行い、結果を発表した。

調査の結果を見てみると、女性の約7割が、ラブホテルではなくシティホテルを予約してくれる男性がポイントアップと回答している一方で、男性の約75%は女性をラブホテルに連れていくことにバツの悪さを感じていないことが分かった。

逆にバツが悪いと回答した25%の男性にバツの悪さの理由を質問したところ、“いかにも”なという感じだから、という回答が8割となり、もっと“いかにも感”なく女性を誘えたらという願望があるようだ。

sub1

女性がラブホテルを敬遠する理由としては、単純に“いかにもな感じがする”というだけでなく、衛生面などが心配との声もありました。さらに、「扱いが雑だと感じる」「もう少し背伸びしてほしい」と男性側へのリクエストの声もあがっており、こうした細かいところにも気遣いできるスマートな男性になることが、夜のデートを成功させる秘訣かもしれない。

また、パートナー・気になる男性から誘われた際に会ってから決める女性が40%という結果に。男性は、場の雰囲気をみて、その場でぱっと宿泊予約をするスキルが必要という事だろう。

さらに、調査の結果、3人に1人はラブホが満室で気まずい思いをした経験があり、その中の約5%がそのまま「覚めてしまいそのまま帰った」、「その場で喧嘩別れした」と回答し、ホテルに泊まるまでの順序が手はず等も雰囲気と同じくらい大事だという事が分かった。

sub3

さらに、男性に対し、異性と宿泊する際のホテルの予算を質問したところ、「1万円未満」と回答した男性が52%で半数以上、1万円から1.5万円と回答する男性が33%になり、8割の男性が1.5万円以上使いたくないと思っているようだ。

sub4

エクスペディアでは、都市部でも1.5万円以下で宿泊できるシティホテルは多数あり、同じ予算でいかにスマートに抑えるかが男性の腕の見せどころだという。

現在地周辺のホテルをGPSから取得して宿泊予約ができるアプリとしては、エクスペディアの「エクスペディア旅行予約」や、グリーの「Tonight」などがあるので、有効に活用したいものだ。

詳細はこちら