中国東方航空、機内インターネット接続サービスを開始へ! 中国で最初のWi-Fi提供エアラインに

MU skyteam livery

中国東方航空は、中国の航空会社としては初めて機内インターネット接続サービスを開始する予定。ウォールストリートジャーナルが伝えている。

この機内W-Fiサービスは、Panasonic製のeX Connectシステムと、中国電信(チャイナテレコム)の衛星通信を利用して提供されるもので、中国特有の要件に対応している。まずは27機のエアバスA330型機に導入され、その後ボーイング767型機、777型機にも順次搭載される予定。

本サービスの開始に先立ち、 上海~北京間でテストが行われ、当局が認可をするかどうかの視察等を行った。

中国東方航空は、「今回のサービス投入は中国の航空業界にとって大きな出来事であり、この素晴らしいサービスを開始できることを大変嬉しく思っている。今後、乗客の皆様がより生産的で、楽しいフライトを楽しむことができるようになると思っている。」と 、サービス開始を前にその思いを語っている。

日本でも、JALが国内線でWi-Fiサービスを開始し、スカイマークが無料インターネットサービス開始をアナウンスするなど、航空業界において機内Wi-Fi搭載の流れが加速している。

■関連記事
スカイマーク、無料機内インターネットサービス「SKYMARK FREE Wi-Fi」を8月7日スタート!
下り1Mbps以上と快適!きょうサービス開始の「JAL SKY Wi-Fi」を体験レポート!

詳細はこちら