タイ・エアアジア、ターボプロップ機での運航計画を破棄 SGA買収との報道も

ak

タイ・エアアジアが検討していると報じられていた、ターボプロップ機を使用したコミューターサービスの計画を破棄したことが、バンコクポストの報道でわかった。

3月末で運航を休止した、サイアム・ゼネラル・アビエーション(SGA)を買収し、6機のサーブ340B型機を引き継ぐことも可能性としてあり得るとしていましたが、想定できる乗客数があまりにも少ないため、参入する価値はないと判断したとしています。

ライバルのノックエアは、ノックミニブランドで小規模都市に小型機で運航を行っており、サイアム・ゼネラル・アビエーションは運航を受託していました。

詳細はこちら