日系航空会社各社、ウクライナ上空通過便はなく通常運航継続

DSC_5305

全日空(ANA)と日本航空(JAL)は、現地時間17日にウクライナでマレーシア航空機が撃墜されたことを受け、通常運航を継続するとのコメントを発表した。

両社ともに、ウクライナ上空を通過する便やウクライナを発着する便は運航していない。

JALでは、他社は運航するコードシェア便については運航会社に問い合わせるように呼びかけているものの、通常の日本〜ヨーロッパ線ではウクライナを通過することはほとんどない。

■関連記事
マレーシア航空機、高度1万メートルで撃墜 アムステルダム発のボーイング777型機
マレーシア航空機、ウクライナとロシアの国境付近に墜落 ボーイング777型機

詳細はこちら