世界最高のファーストクラスにシンガポール航空、ANAは惜しくも2位に スカイトラックス発表

acft-a380-1

格付け会社のスカイトラックスは、質の高いファーストクラスを表彰する「ワールド・ベスト・エアライン・ファーストクラス」を発表した。

1位はシンガポール航空となり、日本の航空会社では2位に全日空(ANA)、10位に日本航空(JAL)がランクインした。

その他には、「ワールド・ベスト・エアライン」に輝いた、キャセイパシフィック航空が4位。ゴージャスなファーストクラスで有名な中東勢は、エティハド航空が3位、カタール航空が8位となった。

■関連記事

キャセイパシフィック航空が1位に! スカイトラックス社が今年最も優れた航空会社を決めるエアラインオブザイヤー2014を発表 ANAは6位に転落
ANA、ロンドン・パリ線のビジネスクラスで「ビジ割ロンドン・パリ オータムスペシャル」を発売中! 燃油込み40万円台から!
JAL、野村総研と共同で実証実験 ウェアラブル端末を用いた空港業務の効率化を7月16日より開始!

詳細はこちら