カンタス航空、ジェットスター・アジアの株式をライオン・エアへ売却交渉か? カンタスは否定

P1010127

経営再建中のカンタス航空は、インドネシアのライオン・エアへの売却が取り沙汰されていた、シンガポールを拠点とするジェットスター・アジアの株式の売却を行わない方針であることがわかりました。

ロイター通信は両社が交渉していると報じましたが、売却を否定する記事をシドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えています。

カンタス航空は、経営危機により、優良資産であるジェットスターグループの株式や、フリークエントフライヤープログラムの売却の噂が何度か流れており、これを否定していません。

ジェットスター・アジアは、カンタスグループが49%、シンガポールのウェストブルック・インベストメントが51%の株式を保有している。

詳細はこちら