エティハド航空、フィリピン航空と戦略的パートナーシップ コードシェアや共同販売など

K64488

エティハド航空は、フィリピン航空と戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。

コードシェア便や、マイレージプログラム、共同販売やマーケティングなど多岐にわたり、まずは、マニラ〜アブダビ線でコードシェアを行います。マニラ発着のフィリピン航空の20都市へのフライトでもエティハド航空便名を付与し、2014年内に28都市にまで拡大させる計画です。

さらに、9月〜10月にフィリピン航空を利用する、エティハド航空のマイレージ会員に対し、ダブルマイルを付与します。また、フィリピン航空のマイレージ上級会員やビジネスクラスの旅客が、8月からアブダビ、11月からロンドン/ヒースローのラウンジを利用することが可能になります。

エティハド航空は、今月にアリタリア航空の株式のうち49%を取得すると発表したばかり。

■関連記事
エティハド航空、マレーシア航空との出資に向けた交渉中との報道を否定
エティハド航空、ダーウィンエアラインの株式を取得し「エティハド・リージョナル」にリブランド!
エティハド航空、アリタリア航空の株式49%を取得で合意!

詳細はこちら