羽田空港に”だし”にこだわった和食専門店オープン 全料理で一番だしを提供!

bigbird

東京エアポートレストランは、羽田空港第1ターミナルに、日本料理界の「現代の名工」の一人である “長島 博氏” 監修・指導のもと、和食専門「Hitoshinaya」を、7月18日に開店すると発表しました。
 
「Hitoshinaya」のコンセプトは、“メニューを一品に絞り込み、究極の一品を目指す。”で、今回は和食専門店を、こだわりの “だし” と “四季折々の素材” で表現する。「あさごはん」「ひとはち」「すりながし」の3店舗で構成されている。

店内は全てカウンター席で、活気溢れる厨房の調理が楽しめる。隣り合う店舗は、ガラスで区切られており、賑わいは共有しながらも、”だし”の香りは交じり合わない空間構成とした。

「あさごはん」は、だしが引き立つ朝ごはんが一日中食べられる店。「ひとはち」は、だしあんと食材を一つの鉢で楽しむ和丼の店。「すりながし」は、だしと旬の食材でつくる和風ポタージュ(伝統料理)の店。いずれの料理でも、一番だしを提供する。

営業時間は、「あさごはん」は午前5時30分〜午後8時、「ひとはち」「すりながし」は午前10時30分〜午後7時30分。

詳細はこちら