「LCCだけど機長はケチではない!」 米・フロンティア航空機長が乗客160名分のピザを自腹で注文!

frontier

アメリカのLCC、フロンティア航空の機長が、空港近くのピザ店に乗客全員分のピザを自腹で注文し、配布する珍事があった。FOXニュースなどが伝えた。

7月7日、ワシントン発デンバー行きのフロンティア航空719便は、ワシントンを午後7時40分に出発、デンバー周辺の悪天候のため、シャイアン空港に着陸して天候の回復を待っていた。機内には食料がなく、乗員乗客160人は蒸し暑い機内で待機していた。

そこで機長は、空港近くのピザ店に35枚のピザを注文。前代未聞の注文に、フル回転でピザを焼き、駐機している飛行機まで届けたという。

機内では、「フロンティア航空は、アメリカで最も安い格安航空会社の一つとして知られているが、決して機長はケチではない。たった今、ピザを注文しました。」という放送が流れたという。

その後、シャイアン空港からデンバーに飛び立った同機は、約5時間遅れでデンバーに到着した。

■関連記事
想定外の方法で1年間毎日ラウンジを利用し続けた中国人男性、航空会社も”お手上げ…”
「機内食はサンドウィッチじゃないと嫌!」パキスタン航空のパイロットがサンドウィッチの到着を待ち、飛行機が2時間半遅延!
マレーシア航空のイギリス担当商業最高責任者が、航空機を発見するのに10年はかかるとの見解を発表

詳細はこちら