ヴァージン・アトランティック航空、ヴィヴィアン・ウエストウッドデザインの新制服を披露!

All-Crew

ヴァージン・アトランティック航空は、イギリスを代表するファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドとともに、7月1日、新ユニフォームを正式に発表しました。

昨年のパートナーシップ発表に続き、リチャード・ブランソン氏とヴィヴィアン・ウエストウッド氏、ブロンディ氏が多くの著名人と共にお披露目のパーティに出席した。
Cabin-Crew-Women

ヴィヴィアン・ウエストウッドとヴァージン アトランティック航空は独創的なデザインとサスティナビリティを最優先。高度なカッティング、美しいテーラリング、そして衣服を長持ちさせ色持ちを良くするため、ペットボトルをリサイクルしたポリエステル糸やナノ加工を駆使した。

ヴィヴィアン・ウエストウッドはアイコニックな女性キャビンクルーのユニフォームとして、90年代に発表した“Bettina”ジャケットにインスパイアされたエレガントでフェミニンな赤いジャケットと、後ろにセクシーなダーツをあしらった揃いの赤いペンシルスカートをデザイン。
Female-Pilot

手描きの羽のデザインは、ヴァージン・アトランティック航空で繰り返し使われている象徴で、地上職員のために新しく追加されたバッグにもこのウィングがデザインされている。このバッグはナイロビのEthical Fashion Initiative(エシカル・ファッション イニシアティブ)と、国連と世界貿易センターが母体となったInternational Trade Centre(国際貿易センター)のコラボレーションによって作られている。

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、1940年代のフランスのクチュールデザインに用いられたカッティング技術を参考にし、女性用にはダブルのドレープコートをデザインし、ブランドのアイコニックな赤いクラシックなシューズ“アワーグラスヒール”をアップデート。男性クルーには、現代的なひねりをきかせた深みのあるワインレッドのウール素材を使用した、シャープなサビル・ロウスタイルのスリーピーススーツを提供する。
MF-Cabin-Crew

キャビンクルー、パイロット、空港ラウンジ「クラブハウス」、「ヴァージン ホリディ」のスタッフを含む7,500名以上の職員が、過去1年にわたる空港や機内での試着を行った結果、合計22種類となった新しいユニフォームを9月1日から着用する。

(画像:ヴァージョン・アトランティック航空)

詳細はこちら