JTB、富裕層向けに2泊3日の厳選したツアーを販売 国内旅行で約40万円と高めの設定

jtb

JTB首都圏の高品質旅行専門店ロイヤルロード銀座は、長期休暇の取得が難しい現役世代などの富裕層向けに、週末・連休などの休暇を利用して短期間で参加できる商品『週末・連休2泊3日で行く夢の休日』を7月9日より発売する。

平均単価は国内約40万円、海外約50万円と高めの設定だが、時間に余裕の無い方が多い富裕層向けに、高品質かつ付加価値の高い旅行商品として提供する。設定期間は、三連休や飛び石連休の多くなる8月~12月出発。

国内旅行では、JAL国内線ファーストクラスを利用し、約100万坪の敷地を持つ宮古島のリゾートホテルに滞在するコースや、鹿児島の大自然の中のプライベートリゾートに宿泊するコースなどを、予約が困難な連休の週末を中心に設定。海外旅行では、全コースビジネスクラスを利用、各地の名門・豪華ホテルを厳選し、短期間でリフレッシュできる空間を演出する。

ロイヤルロード銀座内のロイヤルロードデスクのデータでも、ここ数年は短期間で渡航できる方面の販売が好調。特にシンガポール、バリの2013年度実績は前年度比で2割増、香港・マカオも2倍を超えているほか、過去の参加者のアンケート内容からも、週末・連休を利用するコースの需要が高いと分析している。