エアアジア・ジャパン、出資者にはノエビアやアルペンも 本社は港区に

AA5

エアアジア・ジャパンは、7月1日、東京都内で設立記者発表会を開催した。

代表取締役には、旧エアアジア・ジャパン代表の小田切義憲氏が就任した。

2015年夏ダイヤより、2機から運航を開始する計画で、2015年内に4機体制に。その後は毎年5機を導入し、国内幹線から就航する計画と明らかにした。拠点空港は改めて発表するとしているものの、名古屋/中部であると見られている。

さらに、2020年の東京オリンピックにあわせて拡大することが議論されている、羽田空港の発着枠の割り当ても求める方針。

出資比率は、金額ベースでは、マレーシアのエアアジアが49%、オクターヴ・ジャパン インフラストラクチャーファンド合同会社が19%、楽天が18%、ノエビアホールディングスは9%、アルペンが5%で、資本金は70億円になる見込み。

オクターヴ・ジャパン インフラストラクチャーファンド合同会社の親会社であるオクターヴ・ジャパンは、エアアジア・ジャパンの準備会社である、エアー・イノベーション株式会社にオフィスの一部を提供していた。代表のマイケル・サング・キム氏は、エアー・イノベーションの取締役も務めている。

ノエビアホールディングスは、常盤薬品工業などを傘下に持つ上場企業で、傘下には航空運送事業を手がける、ノエビアアビエーションなどがある。アルペンはスポーツ用品の開発や販売などを行っている。 

議決権ベースでは、エアアジアは33%となる。

本社は、東京都港区芝1丁目4番3号に置く。

■関連記事
エアアジア・ジャパン、羽田空港の発着枠狙う 首都圏に大きな需要
エアアジア・ジャパン、設立会見に三木谷浩史・楽天会長が登場! 出資比率は18%
エアアジア・ジャパン、出資パートナーを発表! 楽天は18%を出資!
エアアジア・ジャパンが都内で設立会見開催! 楽天・三木谷浩史氏も登場