エミレーツ航空、イスラム教「ラマダン」期間中に特別機内食提供 正確なラマダン時間を算出できる独自ツールも開発

Ramadan boxes

エミレーツ航空は、イスラム教の「ラマダン」期間中に断食を行う方が快適に過ごせるよう、特別機内食の提供を開始した。

エミレーツ航空は、ラマダンという重要な宗教的行事の伝統と意義を尊重し、イフタール(断食明け)特別機内食を開発。断食終了直前の時刻にドバイを出発する便に搭乗する方には、イスラム教徒がラマダン中、毎日の日没後に摂る食事として、搭乗ゲートで小さなスナックボックスをお配りし、機内で断食を終える方には大きなミールボックスをご提供します。

エミレーツのシェフが特別に考案した大きなミールボックスは、エコノミークラスのみならず、ビジネスクラスやファーストクラスで断食を行う利用者にも、ほぼ同様のメニューを提供する。

さらに、エミレーツ航空は、飛行中でもイムサク(断食開始)とイフタールの時刻を飛行地点の経度、緯度、高度を計測し、飛行中であっても極めて高い精度で正確なラマダン時間を算出することができる独自のツールをドバイ天文グループの協力のもと開発し、運用している。

詳細はこちら