オーストラリア当局が行方不明のマレーシア航空機に関する報告書を提出 墜落時の状況予測や新たな捜索範囲も

A380_MAS_LIMA_demo_Flight

オーストラリア当局は2014年6月26日に報告書を公開し、そのなかで、失踪したマレーシア航空機の墜落した時の状況や新たな捜索範囲について言及している。

当局は、過去の共通点の多い事故と今回を比較し、失踪したマレーシア航空のボーイング777-200ERが最終的に墜落するまでの間に低酸素状態が発生し、自動操縦によって南進した可能性を指摘している。
 
これらの調査結果から、オーストラリア当局と中国 ・マレーシアからなるグループが衛生等を用いて新たな捜索範囲を設定しており、これは現在まで捜索されてきた範囲よりも大きく、より南側になるとのこと。

具体的にはインド洋南部に最大60,000平方キロの新たな捜索範囲が示唆されている。

これらのエリアの捜索は8月にも開始される予定で、5600万米ドルを必要としている。また、期間は1年程度を予定しているMH370の捜索には多額の資金が投じられており、 既に歴史上最も高額な捜索活動となっている。

■関連記事
マレーシア航空のイギリス担当商業最高責任者が、航空機を発見するのに10年はかかるとの見解を発表
行方不明のマレーシア航空機を”月で発見” 英紙報道

詳細はこちら