パキスタン国際航空機に銃撃で1人死亡・3人負傷 パキスタン・ペシャワールで

28

6月24日、パキスタンのペシャワールで、着陸態勢に入っていたパキスタン国際航空機に何者かが銃撃し、乗客の女性1人が死亡した。

各メディアの情報をまとめると、銃撃を受けたのはサウジアラビア・リアド発のパキスタン航空756便で、6発を被弾。うち1発は機長をかすめ、1発はエンジンに当たったと見られている。死亡した女性の他にも、乗務員3人が負傷した。

パキスタンでは、イスラム過激派との対立が深まっており、キャセイパシフィック航空はカラチ発着便の運休を決めている。

■関連記事
キャセイパシフィック航空、パキスタン・カラチ線を全面運休へ 臨時便を運航

詳細はこちら