エティハド航空、マレーシア航空との出資に向けた交渉中との報道を否定

K64488

エティハド航空は、先日報道されたマレーシア航空との出資に向けた交渉を開始したとの報道を否定しました。

声明の中で、エティハド航空は「我が社は、マレーシア航空との株式投資の可能性に関する交渉をしていないことを確認したい」と、報道を否定しています。

マレーシア航空の株式に対するエティハド航空の出資は、経営が難航する同社の救済策の一環として行われていると報道されたもので、これを受けてマレーシア航空の株価は一時14%高を記録しました。

同報道は、オーストラリア紙、THE AGE が、「マレーシア航空がエティハド航空との出資に関する交渉を開始したことをワンワールドメンバーに伝えた」とする報道を水曜日に出したものを発端とするもので、今回のエティハド航空の発表はこれを否定するものとなります。

詳細はこちら