ノックスクート、設立を取締役会が承認 サービスなどは追って発表される予定

9bb8adab

ノック・エアとスクートの合弁会社、ノックスクートの設立が取締役会で承認された。

ノックスクートの株式は、ノック・エアとスクートがそれぞれ49%を保有し、ノックスクートの経営陣が保有する会社が残りの2%を保有する。

ノックエアのPatee Sarasin CEOは、「私たちは、当社の取締役会は、新しい低コストの航空会社、NokScootの設立に合意したことを非常に嬉しく思っています。スクートとの合弁により、国際線のルートの拡大に​​重要なステップです。海外への私たちのターゲット市場を拡大する良い機会です」と語っている。

また、スクートのキャンベル・ウィルソンCEOは、「我々は、ノックエアと提携し、NokScootの設立にすることを喜んでいます。今日の承認は、私たちのパートナーシップの重要なマイルストーンです。」とコメントしています。

ノックスクートは、機材やサービスなどをまもなく発表する予定です。

詳細はこちら