【速報】ピーチ、単年度黒字を達成 就航から3年で

P1000861

ピーチ(Peach)は、6月19日、平成26年3月期の決算が、同社創設以来初の黒字になったと発表した。就航から3年で単年度黒字を達成したことになる。

営業収入は305億9500万円、営業利益は20億700万円、当期純利益は10億4600万円となった。有償旅客の平均搭乗率は83.7%、有償旅客数は約300万人だった。

井上慎一代表取締役兼CEOは、「当初の目標通り、就航3年目での単年度黒字を実現することができました。利益を生み出すことができる経営基盤を構築できたことは当社にとっての大きな一歩であると同時に、単年度とはいえこれまで誰もが否定的であった日本におけるLCCビジネスモデルが、条件さえ整えば事業として成立することを実証致しました。Peachを応援してくださったすべての皆様に心より感謝申し上げます。また、従来とは異なる新しい顧客層の開拓に成功した結果、年間を通して高い搭乗率を確保できたことに加え、LCCの利用がお客様のライフスタイルの一部として定着しつつあるなど、新しい航空機利用のムーブメントが広がりつつあるのは望外の喜びです。」

「今期の夏季スケジュールにおける計画減便では多くのお客様にご迷惑をお掛けいたしましたことを改めましてお詫び申し上げます。予定していた増便は先送りとなり、およそ30億円の減収要因となりますが、沖縄・那覇空港の拠点化を予定通り展開するなど堅実な事業計画の策定と遂行により、平成27年3月期は増収を見込んでいます。今回の減便を貴重な教訓とし、さらにお客様に安心してご利用頂ける航空会社を目指して努力を重ねて参ります」と述べています。