スカイマーク、エアバスA330型機で海外チャーター便を運航へ 「アラスカやバリあたりになるのでは」

DSC_5304

スカイマークの西久保愼一代表取締役社長兼CEOは、6月14日、エアバスA330型機の初便機内で行った、Traicyの単独インタビューで、エアバスA330型機を国際チャーター便として活用する意向を示した。

冬場などに需要が少なくなる沖縄/那覇線などを、従来から運航しているボーイング737型機で運航し、余ったエアバスA330型機を海外路線へチャーター運航を行う計画。 

具体的な就航先として、西久保社長はまだ決まっているわけではないと前置きした上で、「やはりアラスカにオーロラを見に行くか、バリに行くか、そのあたりになるのではないか。」と述べた。

インタビュー一問一答は、2回に分けて別途お送りする。

■関連記事
【フォトレポート】スカイマーク、エアバスA330型機初便に乗務した「ミニスカ」客室乗務員
【フォトレポート】エアバスA330型機初便に搭乗する、西久保慎一代表取締役社長兼CEO