アシアナ航空、7日間の運航停止と2000万ウォンの課徴金 安全規定違反で

A380_Asiana_Rollout_Paint_4

アシアナ航空が、7日間の運航停止と2000万ウォンの課徴金が課される見込みであると、韓国・聯合ニュースが伝えています。

4月19日に運航したソウル/仁川〜サイパン線のOZ603便で、飛行中に2基あるエンジンのうち1基が故障し、速やかに最寄りの福岡空港に着陸しなければならないところ、サイパンまでフライトを続行したことが理由。

ここまでに強い処分は前例がなく、すでに航空券を購入済みの旅客への影響を最小限に抑えるため、日程はまだ決定していません。

詳細はこちら