JR東日本、豪華列車「クルーズトレイン」のイメージを発表! 2017年春運転開始へ!

jr-east-01

JR東日本は、豪華列車「クルーズトレイン」のイメージを発表しました。

列車デザインは「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をデザインコンセプトとし、KEN OKUYAMA DESIGNの奥山清行氏のプロデュースにより、旅行中の乗客が快適に過ごすためのインテリアや、JR東日本のフラッグシップ列車としてふさわしいエクステリアデザインについて検討が進められていました。

jr-east-02

編成は先頭車(展望エリア付き動力車)2両、パブリックスペースとしてラウンジ車1両、ダイニング車1両、パーソナルスペースとして客室のデラックススイート車1両、スイート車5両の計10両で構成されます。

運行開始時期は、2017年春ごろの予定です。

EX-TRAIN配信記事

 詳細はこちら