2014年1月〜3月のLCCの遅延率、バニラエアはワーストも大幅改善! トップのジェットスターJも17.7%に

27

国土交通省は、6月5日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成26年1~3月)を発表しました。

資料によると、1月〜3月のLCC遅延率がワーストだったのはバニラ・エアで、22.6%となった。前回、10月〜12月もバニラ・エアがワーストだったものの、45.83%から20%以上改善し、他のLCC2社とほぼ同水準にまで落ち着いた。

2位のピーチは、機材繰りでの遅延率は3社中ワーストの17.7%。トップのジェットスター・ジャパンですら、9.26%と高い数値だった。これは、雪や強風などが原因での機材繰りも含まれていると見られている。

LCC3社のうちトップとなったのは、ジェットスター・ジャパンで17.11%。2位はPeachで21.35%だった。

■関連記事
2013年4月〜6月のLCC3社の欠航率、ジェットスターが機材故障で1%超、Peachは機材繰りでの欠航ゼロで国内航空会社で欠航率最低に!

詳細はこちら