「環境に配慮したホテルに泊まりたい」世界1位はなんと中国人! リネン類の再利用は好まれず

きょう6月5日の「世界環境デー」に合わせ、Agoda.comが環境にやさしいホテルに関する意識調査を、世界中の約57,000人のAgoda.comユーザーに対して実施し、結果を発表しました。
結果は、多くの旅行者が環境に優しいホテルに関心を持っている反面、エコなホテルに滞在するために料金が上乗せになることをあまり好ましく思っていないことがわかった。 

全回答者の58%が環境に優しい「グリーンな」ホテルを好むと回答。ただし、環境に配慮したホテルに滞在するためなら1泊につき10ドル以上を上乗せしてもよいと回答したのは38%だった。

国別で見てみると、オランダ、デンマーク、イギリスの旅行者は、比較的にエコホテルにあまり興味がないようで、環境に優しいホテルに滞在したいとの回答は、デンマーク、オランダがともに35%、イギリスが38%に留まった。エコホテルに滞在するために料金を上乗せしても良いとの回答は、オランダ57%、デンマーク47%、イギリス7%との結果。

環境に配慮したホテルの熱狂的なファンは、意外にも中国人。79%の回答者がグリーンなホテルに滞在したいと回答しています。ただ、いざ財布をあけてみるとその情熱が少し冷めてしまうようで、10ドル以上を上乗せしてもよいとの回答は22%でした。



日本人は、54%の日本人回答者が環境に配慮したホテルに滞在したいと回答したのに対し、10ドル以上を上乗せしてもよいと回答したのはわずか14%に留まり、30%の回答者は上乗せしたくないと回答しています。
 

また、環境に優しいエコ活動の中で最も大切だと思うものを、8つの選択肢の中から選択してもらったところ、どちらも投票総数の約37%を占めて、「環境に優しい洗剤等の使用」と「リサイクル」が上位でした。最も獲得数が低かったのは「リネン類の再使用」で、23%でした。

詳細はこちら