ニュージーランド航空、世界初受領予定のボーイング787-9型機が初のテストフライトを終了したと発表!

main-2

ニュージーランド航空は、5月29日、同社に世界で初めて引き渡される予定のボーイング787-9型初号機が、アメリカ・シアトルで初のテスト飛行を無事終了したと発表しました。

ニュージーランド航空の特別塗装であるブラックボディーに塗装されており、現在は組み立てが終了し、テストフライトが行われている段階。

ニュージーランド航空は、ボーイング787-9型機のローンチ・カスタマーであり、これまでに計10機を発注済みです。

最初のテスト飛行はB1フライトと呼ばれ、2名のパイロットがあらゆるシステムを試してパフォーマンスを確認し、機体の性能を細部にわたるまでテストすると同時に、飛行中はあらゆる面からキャビンの機能がテストされる。

シアトルの北にあるペイン・フィールド空港を現地時間午後1時45分に飛び立ち、高度11,800メートルを360ノット(約667km/h)で飛行し、3時間10分後に、ペイン・フィールドに戻った。