ジェットスターグループ、就航から10周年迎える 延べ1億4000万人が利用

P1000010

ジェットスター・ジャパンなどの5社のジェットスターブランドを有するジェットスターグループは、きょう、就航10周年を迎えた。

2004年にオーストラリア東海岸沿いの13都市に就航し、現在までに延べ1億4000万人以上が利用。現在は、アジア太平洋地域の17か国・地域、64都市に週4,000便以上を運航している。 
53

これを記念し、オーストラリア国内線にオレンジ色の特別塗装機を投入します。
 
ジェットスターグループのジェイン・ハードリカCEOは、「10年前に、今日のジェットスターの姿を想像できた人はいなかったでしょう。私たちが構築したビジネスモデルは、アジア太平洋地域内の17の国と地域に導入され人々の移動手段に変化をもたらしました。ジェットスターは、アジア太平洋地域において低運賃を提供し続けているパイオニアと自負しています。シンガポールでは、モバイル・チェックインやウェブ・チェックインの『Straight to Gate』サービスを導入しました。日本においてはコンビニエンスストアでも航空券の予約・購入をできるようにし、航空券購入の選択肢の幅を広げました。また、ジェットスターは、アジア太平洋地域におけるLCCとして初めてボーイング787を運航しました。これら全てを達成できたのも、私たちの安全に対する強い思いと、社員の協力、そして何よりも10年前の就航から本日に至るまでジェットスターをご利用いただいた1億4千万人以上ものお客様があってこそです。オーストラリアでジェットスターの10周年を祝うと同時に、日本で起こりつつある空の旅の新しい形が根付くことを期待しています。」と述べています。

詳細はこちら