アシアナ航空、同社初のエアバスA380型機を受領 世界で11社目、韓国で2社目

A380_Asiana_Rollout_Paint_4

エアバスは、5月26日、アシアナ航空に初めてのエアバスA380型機を引き渡した。

エアバスA380型機を導入した航空会社としては11社目、韓国では大韓航空に次いで2社目。今後、アシアナ航空は6機のエアバスA380型機を受領する計画です。

Airbus_A380_FC03_Couple_Seat_Mood_Light

12席のファーストスイート、66席のビジネスクラス、417席のエコノミークラスの計495席から構成されます。

Airbus_A380_BC01_Staggered_Layout

東京/成田・大阪/関西〜ソウル/仁川線にも一時的に投入し、その後、ロサンゼルス〜ソウル/仁川線に投入します。

■関連記事
アシアナ航空、東京/成田・大阪/関西線などへのエアバスA380型機投入スケジュールを発表! 初の営業運航は東京/成田線に!

詳細はこちら