JR西日本、1両をまるごと客室にした豪華寝台列車を2017年春から運転開始! 10両編成で定員は30名程度に!

140521_00_strain

JR西日本は、2017年春から運行する予定の豪華寝台列車の概要を発表しました。

運行エリアは、当面の間、京阪神と山陰・山陽エリアの運行を予定しています。

車両編成は、客室車6両とパブリックスペースである食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き編成の両端先頭車2両の10両編成。2クラスの客室を設け、プライベートバルコニーやバスタブ付のバスルーム付きの最上級客室を1両1室設置します。定員は30名程度を予定しています。

動力方式は、ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動のハイブリッド方式です。

EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら