エアアジア・ジャパン、5月1日付けで準備会社の社名を変更 本社は中部国際空港に

ak4

2015年にも日本国内線への就航を行う予定のエアアジアは、今年3月14日に日本に設立していた準備会社AAJR株式会社の社名を、5月1日付けでエアアジア・ジャパン株式会社に変更したことがわかった。

本社は愛知県常滑市セントレア1丁目2番となっており、中部国際空港敷地内にあることからも、同空港を拠点とする可能性が非常に高い。

取締役には、エアアジア・ジャパン元最高経営責任者(CEO)の小田切義憲氏と、デル日本法人元最高財務責任者(CFO)の秦修氏の2名が就任している。  

■関連記事
茨城空港、エアアジア・ジャパン誘致は「熱心に進める」 規模についての問題も浮上
エアアジア・ジャパン、名古屋/中部を拠点に就航へ! 2015年第一四半期にも?
新生エアアジア・ジャパン、CFOには前デル日本法人CFOの秦修氏が就任!
新エアアジア・ジャパン、CEOには前エアアジア・ジャパンCEOの小田切義憲氏が就任!
エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO、日本市場再参入に言及「LCCに理解示す空港がある」「すごいパートナー見つけた」