マニラ新空港案をサンミゲルが政府に提出! 香港やシンガポールを超える規模に?

38

フィリピンのサンミゲル・コーポレーションは、マニラに新空港を建設する案を政府に提出した。ビジネスミラー紙などの現地メディアが伝えている。

建設費は100億ドル(約1兆円)規模となる見込み。広さは約800ヘクタールでマニラ湾の埋立地を活用。3,600メートルの滑走路を4本建設することで、現在の1時間あたり40便の処理能力が、6倍以上の250便にまで拡大する。

また、マカティ地区とを結ぶ高速道路や駅、複合施設などの建設も行われる見込みで、実現すればシンガポールや香港に並ぶ、もしくは超える可能性もある。

フィリピンは島が多く、航空需要が高いうえに、LCCの発達により発着便数が急増。2018年までには最大容量に達する可能性が高まっています。

フィリピンで、サンミゲル・コーポレーションのラモン・アン社長は、「国家戦略を1人で実行する男」とも言われています。

詳細はこちら