米gogo社、JAL国内線用ボーイング777−300型機搭載のWi-Fi機器で国交省の認可を発表!

Gogo

JALが国内線で展開している「JAL SKY NEXT」機材に搭載するWi-Fiの機器を提供する、米gogo社は、現地時間の5月8日、FAA(米連邦航空局)と日本の国土交通省からJALのボーイング777−300型機に搭載する機器の認可を獲得したと発表した。

これは同社が以前、JALが導入すると発表している、地上の上を飛行中は地上と航空機の間で通信することで、最高速度70Mbpsの高速インターネットが利用出来る機器とみられている。

JALは、30分400円もしくは飛行距離ごとに500円〜1,200円でサービスを提供するとすでに発表。5月にも投入路線などを発表するとしています。

■関連記事
機内Wi-Fiサービス提供のgogo社、最高70Mbpsの次世代機材を発表 JALがトライアル導入へ!

詳細はこちら