【フォトレポート】世界一の上級クラス「The Residence by Etihad」 わずか8時間で200万円超のその設備は?

A380_ETIHAD

エティハド航空が、2014年12月より投入する、エアバスA380型機で新たに設ける最上級クラス「The Residence by Etihad」。

1機に2席しか設置されない「The Residence by Etihad」の全貌をフォトレポートとしてお送りする。

2_theresidence

リビングルーム。

ソファーはイタリアの高級家具メーカー、ポルトローナ・フラウ製。革張りとなっているシートはリクライニングが可能。さらに、タッチパネルでシートの硬さや位置、マッサージ機能を動かすことも可能だ。

32インチの液晶テレビも備え付けられている。

THE_RESIDENCE_BEDROOM_HORIZONTAL

ベッドルーム。

82インチ(約2メートル)の大型ダブルベッドとなっている。

27インチの液晶テレビも備え付けられている。

THE_RESIDENCE_BATHROOM

バスルームは専用のシャワースペースとなっている。

これら全てを合わせて、専有面積は11.6㎡。利用客には、専用のバトラーがつく。 バトラーは、ロンドンのサボイホテルグループの、サボイ・バトラー・アカデミーで訓練を受けている。

内装は、イギリスのB/Eエアロスペースが手がけた。 

燃油サーチャージ等込みで、アブダビ〜ロンドン線往復が約431万円と、ファーストクラスの4倍近く。飛行時間はアブダビ発が8時間、ロンドン発が6時間50分だ。 

■関連記事
エティハド航空、エアバスA380型機をアブダビ〜ロンドン/ヒースロー線に投入! ファーストクラスより上位の「The Residence by Etihad」も!

詳細はこちら