台湾のV air(威航)が9月就航へ! 日本線を積極展開、日本語サイトも!

57

台湾の復興航空(トランスアジア航空)が設立したLCC、V air(威航)は、台湾で発表会を行い、最初の就航都市が日本になる見込みを示した。台湾の各メディアが伝えている。

V airは、2014年9月にも、エアバスA320型機かA321型機2機を導入し就航を開始。年内には3機体制となります。目標とする搭乗率は80%、乗客の7割が台湾人、3割が外国人となる見込みです。公式サイトは英語と日本語を用意します。

なお、9月から、親会社の復興航空が、増便したばかりの大阪/関西〜台北/桃園線を減便する計画で、V airが就航するとの憶測もあります。

なお、ETTODAYの調査によると、期待する就航地の1位は東京、2位は大阪となっています。また、LCCの知名度では、1位はタイガーエア、2位はジェットスター、3位はピーチ・バニラ・スクートなどとなっています。

■関連記事
復興航空、新LCCの名称は「V air/威航」に! 採用者は10年間乗り放題!
トランスアジア航空、大阪/関西〜台北/桃園線を9月より減便へ 傘下LCCの就航で?
復興航空傘下のLCC「V air(威航)」が公式サイトをオープン! 熊を用いた可愛く親しみやすいロゴが特徴!

詳細はこちら