フィリピンのSE Air、2014年第3四半期にも国際線進出へ 台湾・中国本土・日本線を計画!

36

フィリピンの、SE Air(サウスイースト・アジアン・エアラインズ)は、2014年7月〜9月の第3四半期にも、国際線に進出する計画です。

SE Airは、タイガーエアが資本参加を行い運航していたものの、その後新設したタイガーエア・フィリピンに路線移管。その後チャーター運航などを行っていました。

Philipine Flight Networkによると、台湾・中国・日本への運航を想定しているとのこと。クラーク〜台北/桃園へのチャーター便就航からスタートする見込みで、その後は上海/浦東、日本の順に就航するとみられています。

さらに、アシアナ航空、カタール航空、ジンエアー、香港ドラゴン航空とのインターライン契約を行うことで、販売や利便性を強化することを計画しているとのことです。

詳細はこちら