台湾政府観光局、台北/桃園乗り継ぎ旅客を対象に無料の半日ツアー 1日2回開催

07

台湾政府観光局は、台北/桃園での乗り継ぎ時間が7〜24時間の旅客を対象に、無料の半日ツアーを行っています。

一度台湾に入国する必要があることから、日本・オーストラリア・オーストリア・ベルギー・ブルガリア・カナダ・キプロス・クロアチア・チェコ・デンマーク・エストニア・フィンランド・フランス・ドイツ・ギリシャ・ハンガリー・アイルランド・アイスランド・イスラエル・イタリア・韓国・ラトヴィア・リヒテンシュタイン・リトアニア・ルクセンブルク・マレーシア・マルタ・モナコ・オランダ・ニュージーラント・ノルウェー・ポーランド・ポルトガル・ルーマニア・シンガポール・スロバキア・スロベニア・スペイン・スウェーデン・スイス・バチカン・イギリス・アメリカ国籍などで、パスポートの残存期間が6ヶ月以上の方が対象。

ツアーは1日2回開催され、集合場所と時間は、第1ターミナルサービスセンターは午前8時15分と午後1時45分、第2ターミナルサービスセンターは午前8時と午後1時30分。空港への帰着時間は午後1時と午後6時30分。各定員18名。

午前のコースは、三峡祖師廟と陶器の里―鶯歌、新北市立鶯歌陶磁博物館の3ヶ所。午後のコースは、松山文創園区、台北101ビルを見学します。

バスにはトランクルームがないため、大きな荷物はチェックインを行ったうえで預けるか、空港内の手荷物一時預かり所に預ける必要があります

詳細はこちら