デルタ航空、ボーイング747-400型機と767-300ER型機を置き換えへ 年内にも選定

P1000119

デルタ航空が、ボーイング747-400型機やボーイング767-300ER型機などの中・大型機の後継機の選定を2014年内に行うと、「Flight Global」が報じています。

候補となるのは、ボーイング787-8型機と-9型機、エアバスA350-900型機と-1000型機、ボーイング777-300ER型機などがあがっており、最大で50機程度を導入する方針

ボーイング747-400型機と767-300型機をあわせて90機保有しており、全てもしくは一部を置き換える。

いずれも、日本に就航する機材であり、路線展開にも影響が出る可能性があります。

詳細はこちら