日本・ブラジル航空協議、コードシェアの完全自由化と保安対策強化に合意!

国土交通省

国土交通省は、日本とブラジルとの間の航空協議を、2014年4月8日〜10日の間、リオデジャネイロで開催した。

両国は、コードシェアの完全自由化と、安全・保安対策の強化を行うことに合意した。

日本・ブラジル間の渡航者は、経済発展に伴い、2009年には8.5万人だったものの、2012年には10.5万人に増加。特に、ブラジルからの訪日は2倍に増加しています。

■関連記事
JAL、サンパウロ線をボーイング787型機で復活検討! 共同通信インタビューで

詳細はこちら