ノックスクート、今年後半の就航開始を延期か? 現地紙報道

TZ

タイ国際航空が出資するノックエアと、シンガポール航空100%子会社のスクートが合弁で設立したノックスクートは、2014年10月にも就航を予定していたものの、延期する計画。THE NATIONが伝えています。

これは、タイでのデモをはじめとした政治的背景があるとのことです。

ノックスクートは、2機のボーイング777-200型機で運航を開始し、5年で7機体制にまで拡張する予定です。

■関連記事
スクート、キャンベル・ウィルソンCEO来日会見一問一答(上)(下)
スクート、バンコクの発着空港をドンムアン空港に移転へ 5月から
ノックスクート、バンコク〜日本線を重要視?=複数路線を展開の可能性も!

詳細はこちら