メキシカーナ航空、裁判所から破産宣告で復活に終止符 かつてワンワールドに加盟

31

メキシコのメキシカーナ航空は、2014年4月4日、裁判所から破産宣告を受けた。ロイター通信などが伝えた。同社は債務超過から、2010年8月にグループ会社の全便の運航を停止していた。

2013年10月、メッド・アトランティカグループがメキシカーナ航空の債務超過を解消させ、メキシカーナ航空を再開させることを発表していたものの、破産により道は絶たれることになる。

メキシカーナ航空は、1921年に飛行を開始した、世界で古い航空会社のひとつ。 

詳細はこちら