「ジャンボ」きょうで日本の国内線から全機が退役! ラストフライトへ

2014-01-12_MG_4996

ANAは、きょう2014年3月31日を持って、保有する全てのボーイング747-400型機の退役を完了させる。

羽田空港では、午前8時40分発のANA127便の出発前、60番ゲート前でセレモニーを行う。

折り返しとなる、ラストフライトとなるANA126便は、羽田空港ではオープンスポットなる406番スポットに到着を予定。報道陣と関係者のみが出席したセレモニーを行う。その後、午後4時30分〜午後5時頃、63番スポットにスポットインさせ、羽田空港で別れを惜しむファンに姿を見せる。

最後の1機となった、ボーイング747-400型機(JA8961)は、1993年4月に製造され、約46160時間を飛行した。

同機はその後、整備を行ったあと、アメリカへの回送フライトを行う。

■関連記事
ANA、熊本空港でジャンボ機の「タッチアンドゴー」を開催! 大迫力にギャラリー大歓声
写真で振り返る、ボーイング747型機熊本遊覧フライト【写真レポート】
ANA、熊本空港でボーイング747型機の「さよならチャーター」「遊覧フライト」「タッチアンドゴー」を開催!
ANA、福島と仙台で「卒業フライト」実施! 明日は熊本へのチャーターを実施
ボーイング747-400型機、惜しまれながら伊丹を離れる ANAグループ社員も見送り
ボーイング747−400型機遊覧フライト、富士山や都心がくっきりと=乗客からは歓声や拍手が
「ジャンボが伊丹に帰ってきた!」退役イベントで特別に就航!=2006年4月以来