ANA、東京/羽田〜ハノイ線に新規就航! 初便の搭乗率は95%以上

DSC_3055

ANAは、羽田空港の昼間発着枠拡大に伴い、ハノイ・マニラ・バンクーバー・ジャカルタ・ロンドン・パリ線に新規就航した。

午前8時40分発のハノイ行き、NH857便の出発前に、増便記念セレモニーが開催され、ANAの篠辺修社長らが出席。テープカットや鏡割りを行い、新たな門出を祝った。

DSC_3083
 
ハノイ行きには、搭乗率95%以上となる乗客208名が搭乗し、幸先の良いスタート。篠辺社長は囲み取材で、「搭乗率は70%後半を目指したい。」と語った。 

DSC_3090

また、特注のケーキが乗客からプレゼントされるなど、多くの航空ファンなどもお祝いに駆けつけた。

DSC_3115

ほぼ定刻通りの午前8時47分にスポットを離れたNH857便は、多くの乗客を乗せて、ハノイに向けて飛び立った。

■関連記事
国交省、JALの東京/羽田〜ホーチミン線の就航を認可 3月30日就航へ
羽田空港国際線ターミナルの拡張部分の併用が3月30日より開始 新ラウンジや開放的な待合エリア、祈祷室も設置
JAL、東京/羽田〜ホーチミン線を開設! 羽田空港国際線は今日より拡大!

詳細はこちら