JAL、東京/羽田〜ホーチミン線を開設! 羽田空港国際線は今日より拡大!

DSC_2930

JALは、2014年3月30日、東京/羽田〜ホーチミン線を開設した。初便となる、午前1時25分発のJL79便には、ビジネスクラス13名、エコノミークラス148名の計161名が搭乗した。

同日より、羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠が拡大され、ANAへは11枠、JALへは5枠の発着枠が配分された。JALへは新規就航国となるフィリピンやベトナム、カナダ線の発着枠は配分されなかったものの、深夜早朝時間帯で空白となっている発着枠を活用し、ホーチミン線の開設を国土交通省に申請。ANAは「公正な競争環境が歪む」として認可しないよう求めていたものの、国土交通省は、3月25日に認可した。

DSC_2944

セレモニーに出席した、JAL執行役員の米澤章氏は、「羽田〜ベトナム線を就航することで、発展するベトナムと日本の文化、経済の発展に大きく貢献できればと思っています。」「日本航空は、世界一選ばれる、世界一愛される航空会社を目指し、安全運航を基盤として、快適な空の旅をお約束する。」とコメントしました。

DSC_3002

搭乗者に記念品としてボールペンとメッセージカードを配布。112番スポットを午前1時23分にブロックアウトし、ホーチミンに向けて旅立った。

■関連記事
国交省、JALの東京/羽田〜ホーチミン線の就航を認可 3月30日就航へ
羽田空港国際線ターミナルの拡張部分の併用が3月30日より開始 新ラウンジや開放的な待合エリア、祈祷室も設置
ANA、東京/羽田〜ハノイ線に新規就航! 初便の搭乗率は95%以上

詳細はこちら