バニラエア、2014年2月の搭乗率は76.8% 需要高い台北線とさっぽろ雪まつりが後押し

04

バニラ・エアは、2014年2月の運航実績を発表しました。

搭乗率は、国内線の東京/成田〜沖縄/那覇・札幌/千歳線は71.6%、国際線の東京/成田〜台北/桃園線は92.0%だった。全路線合計では76.8%となった。

さっぽろ雪まつりやスキーやスノーボードなどのレジャー需要が高い札幌/千歳線と、1日2往復になったものの訪日需要が高い台北/桃園線が搭乗率を押し上げた。

就航率は94.2%で、定時出発率は73.7%、定時到着率は74.4%だった。

詳細はこちら