ジェットアジア・エアウェイズ、2014年末までに機材を倍増 定期便化や路線拡大へ!

jetasia

バンコク・スワンナプームを拠点とする航空会社、ジェットアジア・エアウェイズは、2014年末までにさらに6機を受領したうえで定期便化を目指すと、RoutesOnlineが伝えています。

具体的には、中国・日本・サウジアラビア・インドネシア線の定期便を進める考えで、日本ではすでにギャランツアーを日本の販売総代理店契約の締結を2013年12月に行っています。

現在は6機で運航を行っており、12機体制となることで、スワンナプームのハブ化を目指します。

日本〜バンコク線には、アジア・アトランティック・エアウェイズ、アジアンエアなどの新興航空会社が就航しているほか、ノックスクートやタイ・エアアジアXなどのLCCの参入が見込まれているため、より競争は激しさを増しそうです。

■関連記事
ジェットアジア・エアウェイズ、ギャランツアーと販売総代理店契約=成田〜バンコク線増便や定期便化を推進へ!
アジアンエア、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に2014年1月25日就航へ!

詳細はこちら