マレーシア航空370便、インド洋に墜落 マレーシア首相が会見

22

行方不明の、クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便がインド洋の南部に墜落したと、マレーシアのナジブ・ラザク首相が会見で発表した。CNNが報じています。

これは、衛星写真やレーダーなどの追跡を元に発表したもので、機体そのものは発見されていません。

また、衛星写真に写っていた、インド洋で発見された物体は、「灰色や緑色の円形物体」と「オレンジ長方形の物体」の2種類であることが新たに分かっています。

マレーシア航空370便には、226名の乗客と13名の乗員が搭乗していた。

マレーシア航空370便ご搭乗の皆様のご冥福をお祈りいたします。

■関連記事
マレーシア航空、消息不明便の便名を3月14日から変更 MH318/319便に
マレーシア航空機事故、北京でのテロ計画か? テロ、事故の両面で調査進む
マレーシア航空370便、機体に関する詳しい情報判明せず 油膜発見の報道も
マレーシア航空機、ベトナム領海で消息絶える 情報は錯綜、接触事故歴も

詳細はこちら