タイガーエアとセブパシフィック航空、株式売却を完了! 一部機材はタイガーエアに返却も

05

タイガーエアとセブパシフィック航空は、タイガーエア・フィリピンの株式のうち40%を、セブパシフィック航空への売却を完了したと発表しました。

両社はインターライン契約を行うことで、両社のホームページで相互に航空券を販売することで、路線網や販売力を強化します。これにより、タイガーエアはフィリピン国内と北東アジアを、セブパシフィック航空はオーストラリアやインドなどの路線網が強化できます。

セブパシフィック航空は、タイガーエア・フィリピンの機材のうち、エアバスA319型機2機をタイガーエアに返却し、エアバスA320型機3機はリース契約を締結し、使用を続けます。

詳細はこちら