羽田空港国際線ターミナル、拡張部分には4社がラウンジ設置! TIATスカイラウンジBではホットミールの提供も!

DSC_1671

2014年3月30日に併用が開始される、羽田空港国際線ターミナルの拡張部分に、新たにオープンするラウンジは4つになることがわかった。

空港関係者によると、空港会社が運営する「TIATスカイラウンジA/B」、ANAの「ANA LOUNGE」「ANA SUITE LOUNGE」、JALの「サクララウンジ」、キャセイパシフィック航空がラウンジを設置。

「TIATスカイラウンジ」は、AとBにわかれており、クレジットカードのゴールド会員等が利用出来る「A」は約120席を設置し、ドリンクのサービスを行います。 航空会社の上級会員やビジネスクラス以上の乗客が利用出来る「B」は、個室の有料サービスを初めて行うほか、ホットミールを充実。従来はおにぎりやサンドウィッチの提供を行っていますが、スープなども提供します。

「A」「B」いずれも、電源は席に1つずつ設置。Wi-Fiは無料で24時間営業します。

■関連記事
ANAの羽田空港国際線ターミナルにラウンジが新たにオープン!【写真レポート】