アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」が東京で正式ローンチ! ハイグレードで安価なサービスは好評

58

世界31カ国81都市で、スマートフォンアプリによるハイヤー配車サービスを展開している「Uber(ウーバー)」は、2014年3月3日、東京でのサービスを正式ローンチした。

「Uber」はアメリカで2010年にスタートしたサービス。2013年9月に日本法人を設立し、六本木周辺で5台からテストローンチしていたものの、23区内にサービスエリアを拡大した。

料金は、基本料金が100円で、1分ごとに65円と1キロごとに300円が加算される。最低利用料金は800円で、依頼後のキャンセルは1,000円。タクシーのような深夜割増はないため、利用距離によってはタクシーより割安になる。概算料金はアプリ上から見積もることが可能だ。

車種はトヨタクラウン、レクサスなどの黒塗り高級車を使用。いずれの地域でも提携タクシー会社や、「Uber」が直接契約したドライバーが迎えに来る仕組み。タクシーとは異なり、ハイグレードなサービスが提供される。

ドライバーとは現金を精算する必要はなく、クレジットカード情報を予め登録しておき、乗車後アプリ上から決済する。領収書や走行データはメールで送付される。

登録はパソコン、スマートフォンから可能。新規登録時にプロモーションコード「ubertraicycom」の入力で2,000円分のクレジットが積算されます。下記リンクからの登録も可能です。

詳細はこちら